エラスティックリーダーシップを読んだ

エラスティックリーダーシップ ―自己組織化チームの育て方

読んだ。

普段、自分がメンバーとしての立場から、リーダーに対してどこまで求めて良いのかよくわからなくなる時があるので、そういう観点からリーダーシップについての本を読んでみることにした。
たまに、自分がリーダーに対して期待していることが、過剰なものだったり、単なるめんどくさいことを引き受けてほしいというわがままだったりするのではないかと思う時がある。

その辺のところは、自分がプロジェクトのリーダーをやる時も、どこまでやってあげれば良いかがいつもよくわからないし、雰囲気でやっている感じだけど、実際どうなんですかという感じで読んだ。

あと、リーダーとマネージャーは違うと言うのは理解しつつも、コードを書く時間が減るのは事実なのではという気がしてて(いわゆるテックリード的なものであればそんなことは無いかも)、その点がリーダー業をやるにあたってのネックなんだが、本書はその件にも少し触れていた。

リーダーシップについてはまだ良くわからないが、本書の「日本人執筆者によるチームリーダーシップについて知るべきこと」の部は特に読んでいておもしろかった。